キャッシングと年収について

キャッシングをする時に重要になってくることの一つに年収があります。
実はキャッシングは年収の三分の一以内の金額しか行うことが出来ないということはご存知でしたでしょうか。
これは平成22年6月に施行された
改正貸金業法というもので規定されている総量規制のためになります。 
この総量規制というのは、多重債務を起こさないように対策として制度がされたもので、年収の三分の一以下までしか融資を行ってはならないという規定になります。

 

この年収の三分の一以下というのは、消費者金融1社に対してだけではなく、貸金業法で規制を受けている貸金業者全体からの借入が年収の三分の一以下にならなければならないというものです。
A社からすでに年収の三分の一に当たる金額の融資を受けていた場合には、貸金業法で規制されている貸金業者B社からは融資を受けることはできません。
しかし、この規制は貸金業法で規制されている業者に限定されますので、銀行法で規制されている銀行での融資は含まれませんので、仮に年収の三分の一以上の融資が必要な場合には銀行で融資を受けることになります。
このような場合には特に計画的に利用することが重要です。